慶應義塾大学医学部バレーボール部

慶應義塾大学医学部体育会バレーボール部のホームページです。

1
1
2
3
4
1
2
3
4

About:部活紹介

僕たちは、毎週火、金曜日の18時~21時にJR信濃町駅周辺の四谷第六小学校で活動しています。

関東医歯薬リーグ、春秋の関東医科リーグ、夏の東日本医科学生総合体育大会(東医体)を舞台に活躍しています。

目標は医歯薬リーグ1部優勝、そして東医体完全優勝です。

皆さんに僕たちの活動に対して少しでも興味を持って頂けると嬉しいです。

※写真は2015年度のものです

Introduction:部員紹介

第5学年(97回生)

岩渕 晟英 ラ・サール/センター・レフト

・医学部5年。人呼んで便器イーター。口癖は「僕はねぇ」。それを弄られるようになってから自粛気味なので、聞けた人はlucky boyだ!

・ホ・モール高校のラサ。早食い(クイック)を得意とするセンタープレーヤー。メーヤウのバジルライスを鼻から吸うのが好き。イカが大好きで頻繁に食べている様子。

加々美 博光 慶應義塾/レフト・ライト

・医学部5年。ベビーフェイス。ちょっとxxxしたくなっちゃうくらいイケメン。ボールを持たせたら右に出るものはいないゾ!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%83%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB

黒川 安晴 開成/リベロ

・開成出身の秀才リベロ。勉強とディグはこの方に聞こう。

・彼は何やかんやでバレー部が大好きなので飲みたいです!とか言うとお店を予約してくれる。そして、彼は何やかんやで後輩に奢りたがりなのでとりあえず払う素振りを見せてればお金も出してくれる。さらに、彼は何やかんやでお金持ちなので潰した彼を家まで送り、親御さんに終電ないアピールすると1万円が貰える。総じて、三四会バレー部に入るとお金に困らない。

児玉 充輝 洛南/レフト

・洛南出身のとても持ち上げ上手な、お坊さんアタッカー。落ち込んだらこの方に励ましてもらおう。

・読者は児玉充輝という男をご存知だろうか。

「なんとなくわかるけど、すべてを分かっているとはいえないなあ‥」

大半の読者はこう思ったはずだ。今回はそんな彼の深淵に、少しでも触れていければと思う。

まずは彼の生い立ちから解説していこう。大半の読者はこのように思っているはずだ。「え、児玉は確か19533月、東京都生まれ。東京教育大学附属駒場中学校・高等学校を卒業して、東京大学医学部に入学。1977年、東京大学医学部を卒業。同年6月、東京大学医学部附属病院医師。東京都立駒込病院を経て、1979年、東京大学医学部附属病院に医師として勤務してたはず。」。限りなく正解に近いが、正しくない。これは児玉龍彦だ。児玉充輝は京都出身で、洛南高校という高校からこの慶応にやってきた。

続いて、彼の人物像について解説していこう。大半の読者はこう思うであろう。「たしか児玉はバレー部でスノボが趣味で好きなものは女、金、ギャンブル。合コンを週3でやっていて部室に住んでるんだよな。」これも惜しい。これは児玉の親友、宮澤森太郎だ。前半部分は合っているが、後半が違う。彼は会計として部を支えるとても几帳面な男だ。

いかがだっただろうか。この文章が少しでも、児玉のことを理解する助けになれば幸いである。

杉原 晋之介 静岡/ライト

・静岡出身。医学も文学も優秀ながら練習後も筋トレに励む姿勢には後輩も惹きつけられるのを禁じ得ない。

・バレー部5年のギャグ担当。1人暮らしで培った料理の腕前は勿論の事、旅行など多趣味で話も上手く、いわゆるデキる男。最近の彼の行きつけの飲み屋はもっぱら筋トレルームで、プロテインを愛飲している。彼のような小顔で高身長でムキムキなカラダを私も手に入れてみたいものだ。

宮澤 森太郎 国立/センター

・見た目通りチャラい。出身高校は国立高校、これもチャラい。バレースタイルも同。しかし、天性のバネを活かした彼のプレイはうまい。最近はケガをするなど歳を感じるが、筋トレとスマブラと合コンの研究は深化するばかりだ。お医者さんになる勉強も結構しているらしい。なんだかんだ元キャプテンらしくしっかりしたところもあり憎めないところがまた憎い。

・一見してチャラい。本人曰く慶医で変人扱いされてるのは医学部以外の世界では普通の人間だからなんだとか。独特の見解ですね笑。飲み会、合コン、スノボのモチベが非常に高い。合コンに行きたければまずはこの人と仲良くなろう!あ、言い忘れたけどバレーも上手い。

第4学年(98回生)

神川 慶彦 ラ・サール/レフト・ライト

・まず、爽やか。学校で会うと自転車に乗りながら爽やかな挨拶をしてくれる。こちらも爽やかな気持ちになって1日を送れる。

そして、マッチョ。最近ボディビルダーの大会も視野に入れ始めた。その筋肉から繰り出されるスパイクは早過ぎてバレー辞めたくなる

そんな神川さんに会えるのも三四会バレー部だけ!!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%8C%97%E6%9D%91

坂井 悠人 慶應義塾/レフト

・バレー部4年、現キャプテン。周りにあまり干渉せず、みんなを熱く引っ張るタイプのキャプテンではないが、個々の実力アップのペースを尊重しつつ、アドバイスを求めれば細かいプレイまで丁寧に教えてくれる陰の熱血漢でもある。今後、彼がどのようにチームを指揮していくのか、高まる期待に目が離せない。

・坂井悠人という男をご存知だろうか??

三四会排球部を、持ち前の思慮深さと冷静さでまとめあげる頼れるキャプテンだ。

今回はそんな坂井の紡いだ名文をご覧いただこう。

時代を超える金言

〜先人達の言葉に、思いを馳せて〜

医の歴史は長い。先史時代から薬草は使われており、医の歴史は文字の歴史より長いと言えるだろう。医は動的なものであり、科学的な正誤は別として、時代によって様々な診断法、治療法が存在していた。しかしながら、医の根本となる考え方は静的なものである。ヒポクラテスが誓いという形で医の倫理を記した紀元前4世紀から、今日に至るまでそれは変わらない。

医学生として、知っておきたい言葉がある。医に携わるものとして、偉大なる先人達の言葉に耳を傾けてみよう。

上山博康という人物をご存知だろうか。日本一の脳血管外科医と呼ばれる男である。彼はこんな言葉を残している。

「あなたが命がけであるように、俺も命がけで頑張るから」

医師として何をすべきか。この問いに完璧に答えた言葉と言えるだろう。「患者さんを救うために全力を尽くすこと」、医療人としてこれを念頭に置きたい。

次は海外にも目を向けよう。

アルフレッド・アドラーをご存知だろうか。パーソナリティ理論を確立した精神科医である。彼はこんな言葉を残した。

「判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばよい」

キーワードは自己犠牲。自分よりも他者を、患者さんを優先できるようになりたいものである。

最後に北里柴三郎先生の言葉を記しておこう。

「研究だけをやっていたのではダメだ。それをどうやって世の中に役立てるのかを考えよ。」

世の中には様々な医師がいる。研究を主にする医師も、臨床を主にする医師もいる。しかし、どんな医師であれ患者さんの役に立つことを目標にしなければならないし、それは医学生も同じである。

3人の偉人達の言葉を見て、何を思っただろうか。私はこう思った。

「言ってることはみんな同じだな」

言葉は違えど、これらの言葉は全て以下の考え方に基づいている。

「「For our patients」」

どんな職業、専門であれ医に携わる者の目指すべきところは変わらない。

いかがだったろうか??

坂井悠人はこのようにとても賢く、たくましい男だ。彼がキャプテンである限り、この部は安泰である、そう断言していいだろう。

福永 純也 浅野/センター

・初心者ながら他校や女子部の練習に参加するなど、努力を重ね急成長を遂げたセンター。高身長のセンターには負けまいという熱意は見るものを魅了す。また生まれ持った勝負強さは誰にも真似できない。最近は一人暮らしを始め、大いに羽を伸ばしているとか  勉強の経験も豊富で後輩は勇気付けられる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%B0%B8%E3%81%A1%E3%81%AA

村上 諒典 暁星/セッター・レフト

・悪名高き「暁性高校」の使徒の1人。慶應三四会バレー部にピンクの旋風を巻き起こす。昼の試合も夜の試合も立ち上がりが早そう。たまにトスを上げることがある。

・女の子大好き。大事なことだから2回言うけど女の子大好き。最近は漢方にもハマっており、部員が体調を崩すと効果のある漢方薬の名前が急にLINEで送られてきたりする。プレー面ではサイドとセッターの異なるポジションを器用にこなし、入部当初からほぼ全試合に出場しているツワモノ。

第2学年(100回生)

辻 貴大 慶應義塾/リベロ・セッター

・塾高バレー部出身。数学と旅行が得意。流石塾高。数少ない貴重な後輩。留年により失いたくない。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB_(%E4%BA%BA%E5%90%8D)

Glossary:用語集

準備中です!

inserted by FC2 system